形成外科このページを印刷する - 形成外科

2021年4月22日掲載

スタッフ(形成外科)

形成外科 医長 藤高 淳平
  • 日本形成外科学会専門医
  • 臨床研修指導医

形成外科とは?

2021年4月から形成外科を新設しました。形成外科は、まだ聞きなれない方も多いかと思います。名前通り、形を作り、失われた組織を再建することを目的とする診療科です。

特定の臓器や器官を対象とせず、身体に生じた異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献します。

具体的には、けが(外傷)、やけど(熱傷)、きずあと、とこずれ(褥瘡)、難治性潰瘍、顔面骨骨折、うまれつきの病気(先天奇形やあざ)、皮膚腫瘍(ほくろ、粉瘤、脂肪種などの良性腫瘍や皮膚がん)、巻き爪、眼瞼下垂、腋臭症(わきが)、美容外科など多岐にわたります。

簡単に言えば皮膚を中心とした外科ですが、現在は対象疾患が拡大し、顕微鏡下で微細な操作を行うマイクロサージャリー技術の急速な発展と共に、1ミリに満たない血管、神経、リンパ管を吻合、縫合する技術は形成外科の得意分野となりました。

当院では、この技術を用い、透析時に必要なシャント作成を、腎臓内科医師とともに、行っています。
また、最近注目される再生医療も人工皮膚という形で、形成外科の日常診療で使用しています。なかなか治らなかった傷もこの再生医療で改善が期待できます。

診察日時について

受付時間 8時30分から11時00分まで
診療時間 8時30分から17時15分まで
診療日 火曜日・金曜日

診療・予約について