整形外科このページを印刷する - 整形外科

医長 永田 義彦
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
医師 根木 宏
  • 整形外科医
医師 辻 駿矢
  • 整形外科医
医師 渡邊 能
  • 整形外科医

概要

整形外科では骨折などの外傷のほかに、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどの脊椎・脊髄疾患、変形性膝関節症、肩腱板損傷などの関節疾患、骨粗鬆症などの代謝性疾患ほか、四肢・脊椎の広範囲の疾患に対応しております。
スタッフは永田義彦医長、根木宏医師、辻駿矢医師、渡邊能医師の計4人で、年間約300件の手術を行っています。

疾患別現況

脊椎・脊髄疾患

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアに対しては薬物療法やブロック療法などで保存的に治療しています。頸椎症性脊髄症,難治性の腰椎疾患など手術療法が必要な症例に対しては、専門の医療機関を紹介しております。

肩関節疾患

肩関節疾患は当科の中心的診療領域で、永田義彦医師を中心に加療しています。肩腱板損傷、反復性肩関節脱臼などのうち、手術適応例に対しては低侵襲の関節鏡視下の手術を行い、早期にリハビリテーションを開始し、関節機能の回復に努めています。

外傷性疾患

地域性を反映して、大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折などの高齢者の骨折が多くを占めています。骨折手術についてはできるだけ早期に、できるだけ低侵襲の手技で行い、術後は回復期リハビリテーション機能を有する病院と協力するなどして早期の社会復帰を目指しています。

その他の疾患

変形膝関節症、変形性股関節症などの進行例に対しては、必要に応じて人工関節置換術を行っています。

疾病の中には、より高い専門性を必要とするものがあります。これに対しては、広島大学病院から専門のスタッフの援助を得て、できるだけ当院で治療できるよう努力しています。

目標

当地域の開業医の先生方と密に連携を取りながら、「この地区の患者さんを、この地区の医療機関で加療する」を目標に、一人ひとりのニーズに合った治療を提供するよう努力して行きます。