皮膚科このページを印刷する - 皮膚科

スタッフ

医師 稲束 有希子

対象疾患

  • アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹、かぶれ)
  • 毛包脂腺系疾患(にきび、脂漏性皮膚炎、脱毛症)
  • 感染症(ヘルペス、とびひ、水いぼ、水虫、おでき)
  • 皮膚腫瘍、皮膚癌
  • 外傷(切り傷、擦り傷、やけど)

その他、皮膚に見える症状、触れる症状、痒みなどの自覚症状全般について取り扱っています。

検査・治療

  • アレルギー疾患についてはアレルギー体質の程度や原因物質の同定に努めます。
  • 接触皮膚炎に対しては経過に応じてパッチテスト(化粧品、洗剤、金属、薬品など)を行います。
  • 内臓疾患との関連が疑われた際には血液検査やCTなど臓器の精査を行い他科と連携して診察させていただきます。
  • 皮膚腫瘍や診断困難な皮膚の症状に対しては皮膚生検による組織検査(顕微鏡で細胞を見る検査)も積極的に行っています。
  • 治療法については患者さんのご希望に添えるよう相談しながら決定致します。特に塗り薬に関しては適切な使用量、回数、タイミングなどの説明・デモンストレーションも行いますのでお気軽にご相談下さい。
  • 皮膚腫瘍や外傷に対しては手術も行っています。